おすすめの洗顔石鹸

今まで色々と洗顔石鹸を使い続けてきたんで、洗顔石鹸の中の優劣もわかってきました。洗い上がりの気持ちよさとか、泡立てのしやすさとか、いろいろありますが、私が一番気になるのは「溶けやすいかどうか」です。
この場合の「溶けやすいかどうか」は2つ意味がありまして・・・顔を洗うときにお湯につけたときは溶けやすいほうが◎、お風呂場から出して保管しておくときは溶けづらいほうが◎、です。つまり、「使うときにしっかり表面が溶けてくれて、保管の時に溶けづらい石鹸」がベストなわけです。
となると、ベストな石けんは限られてきます。「溶けやすくて溶けにくい」っていう、矛盾したものをあわせもってないといけないんで。でも、この2つの要素をあわせもった石鹸には特徴があります。
その特徴は、「硬めの洗顔石鹸であること」。硬めなら全部OKというわけではありませんが、硬めの方が保管の時に溶けづらいものが多いです。今までたくさん洗顔石鹸を見てきたんで、これは自信ありますね(笑)。
でも、硬めの質がいい洗顔石鹸は値段も高くなりがち・・・ちょっと値が張るので、購入する場合はお試しの小さな石鹸などで試してみて、気に入った感触だったら購入するとよいでしょう。そのほうが失敗が少なくて済みますよ☆